特集・レポート

イベントレポート:2010日の出町ヒルクライムスプリングステージ(2010/4/25)

投稿日:

完走証です。初めて走るのでこれが基準タイムとなります。




ゴールデンウイークにほど近い、4月末の日曜日、東京都内で行われるヒルクライムイベントに参加して来ました。
イベントのURLはこちら
ヒルクライムの参加は去年の6月にMt.富士ヒルクライム以来です。
しかし、ヒルクライムには何か得体の知れない魅力を感じています。
初めて走ったときも22キロの距離で2回ふくらはぎをつりました。でも走りきり、富士5合目を拝みました。
今回はロードーバイクでの初めてのヒルクライムです。
このためにロードバイクを購入したといっても過言ではないのです!
そういう意味ではかなり楽しみにしていました。
さて、当日は7時半が開会式なので、朝自宅から2時間以上かけて車で到着。
走りやたちが朝から100名以上集まっています。自転車をセッティングしたり、ローラー台をまわしている人たちがいまや遅しとスタートを待っています。
さて、開会式、この日はとてもよい天気。風もなく、ハシルに絶好の天候です。


開会式。この方が主催者の松永真理さんです。



主催の方や協力を頂いている商工会の方達から挨拶をいただきました。

参加者は年配の方も多くおられるので、スムーズな大会運びです。


スタートを待っている1組。僕は3組目なのでまだまだです。




ここも東京都内なんですよ。都内にもこんなにいいばしょがあるんですね。
ここの近くにはつるつる温泉という癒しの場所もあります^^

ここって東京都だけど、秩父多摩甲斐国立公園らしい




レース途中の1枚。このくらいまでは余裕だったなあ。


さて、レースが始まりました。レースは8キロの決して長いとはいえないコース。最初の4キロくらいはなだらかな上りです(←写真)。
それが残り3キロくらい急に険しくなるのです。
最高勾配が11%なので、一度足を着いたら2度と自転車には戻れません。
汗が頭から流れ出し、心拍数もあがります。
ギアも一番軽いところもまでいってもまだ足りないほど。本当は写真を撮ったりしたいのだけれども、それどころではないのです。もう登るしかない。
あと500メートル。少しずつ平坦になって来てゴールをうかがわせます。


着きました〜。ゴぉール!


ゴール後の和んだ刎頸です。絶景でしょう?
途中5、6人抜かして、一度も抜かれる事はありませんでした。
結果は30分くらい。
まあまあじゃないかな。


走り終わった安堵感、達成感で満足顔です。


疲れたけれど、楽しかった。
山の上の景色は絶景です。
山登りは自転車だ!


僕の愛車です^^




下山はあっという間。でもおりるときにこんな急坂を登って来たかと思うとビツクリです。終わった後はやっぱりアイス!?「肝要の里」のソフトクリーム、おいしいですよ。

終わったら、スタート地点のお店でソフトクリームを食べるべし。200円。走り終わったソフトクリームは止められません!




ということで、日の出町ヒルクライムスプリングステージのレポートでした。
2、3日後にふくらはぎがこむらがえりでかなり痛かったトモシゲでした。



より大きな地図で 日の出町ヒルクライム2010春 を表示


** Written by 友重タクジ@びわ **
biwa_bicycle2010-1.jpgMTBでのジテツウ暦は長いが本気で自転車に乗り始めたのは3年前。その上マラソンも走り始め、ついにはロードバイクを購入し、ヒルクライムやロングライドのイベントを物色中のなんちゃってアスリート。お酒が飲めない甘いもの好きの40代。ツイッターは http://twitter.com/biwa

-特集・レポート

Copyright© 自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク] , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.