プレスリリース 自転車ニュース

アキコーポレーション 『3T』と『BH BIKE』の取り扱いを開始

投稿日:

有限会社アキコーポレーションでは平成23年7月1日より、イタリアの自転車パーツメーカー『3T』と、スペインの自転車メーカ ー『BH BIKE』の、日本国内での取り扱いならびに販売を開始する事を発表した。


●3T について。

≪歴史≫
3T は 1961 年に Mario Dedioniggi によりスペインで設立された。設立されたトリノ市から名前を取って Tecnologia del Tubo Torinese(Turin Tube Technology/トリノチューブテクノロジー)と呼ばれた。Dedioniggi は有能な技術者で、鋼管を操作して曲げる技術があり、Ambrosio で雇われていた。そこで彼が自転車レースにおいて望まれていたハンドルバーとステムを作成することを学び、1950 年代のサイクルスポーツには最高品質の機材の要求が求められ、Dedioniggi はそこにチャンスを見つけた。
Ambrosioで10年間働いた後、一人で商売を始めるため会社を出た。 新しい会社はトリノに3部屋の倉庫と1人の従業員、鋼管を曲げる機械があった。Dedioniggi は、ハンドルバーやステム、シートポストなど自転車の重要なパーツをアルミ合金で軽くすることができる事に気付き、それまで自転車パーツはスチールで作られていたがアルミ合金に切り換えるという重要な決定を行った。
新しい形状と新しい合金を使いイタリアのエリートレーサーたちと数々のテストを行い、様々な製品を作 り出した。 3Tが1970年に新しいアルミ(AL-7075)で作ったスキー用のストックは、ヨーロッパ全体にわたってベストセラーになった。 3T の革のサドルは、アルミニウムベースで、軽量と高品質で有名でした。その後 3T を有名にしたのはハンドルバーだった。 Dedioniggi の考えは簡単で優れている。世界初の Ergal バー(240g Superleggero)は 1975 年に登場し、30 年以上たった 今でも賞賛されている。1984 年にはフランチェスコ・モゼールのために、今では常識となったブルホーンバーで最初のタイムト ライアルバーを作り 51.151km(31.784 マイル)のアワーレコードを記録するのに使われた。Dedioniggi は今は会社にはいない。しかし、彼の後継者がどんどん 3T の製品をアルミで美しく造り続け、1999 年にミュータントレーシングステムにて自転車ス テムとしては初のインターナショナル賞を受賞。3T のパッケージもグラフィックデザインも独創性と優雅について賞賛されてい る。特に 5 年間の製品保証でその名はさらに有名となった。3T はロード、トラック、トライアスロンレースにおける勝利と素晴らし いデザインのために永久的に名前が続いる。
 
≪サポート TEAM≫
3Tでは現在、現世界チャンピオンが所属する TEAM GARMIN-CERVELO がハンドル/ステム/シートポスト/フロントフォーク を使用。TEAM KATUSHA がフロントフォークを。トライアスロンでは TEAM TBB がハンドルバーを使用中である。
・左から TEAM GARMIN-CERVELO、TEAM KATUSHA、TEAM TBB
 
≪取り扱いアイテム≫
ロード、トライアスロンに関する、ハンドル/ステム/シートポスト/フロントフォーク/バーテープを取り扱う。 また、新製品としてフルカーボンホイールも発表。3T のホイールにはオリジナルのアルミ製ハブが使用され、フリーボディーは SHIMANO、CAMPAGNOLO、SRAM の 3 社に対応するなど、非常に魅力的なアイテムとなっている。
 


 

●BH BIKE について。

≪歴史≫
BH は 1909 年にスペイン北部エイバルで火器(鉄砲などの部品)のメーカーとして設立。第一次世界大戦後の 1920 年に火 器での銃鋼管の製造技術を基に自転車の製造を始める。1934 年には初となるメーカー単独でのサイクリングチームを発足 させ、1935 年から始まった“Vuelta a Espana”では時の最高のライダーの 1 人で BH チームに所属するベルギー人の Gustave Deloor (1913 年~2002 年) が第一回、第二回の二大会で勝利をおさめた。1935 年 4 月 29 日の午前 7 時 45 分にマドリードでスタートした Vuelta 第一回大会のスタートラインには 50 人のプロライダーが並んだ。1948 年から 1949 年に は BH は他の 2 つの車輪に関係のある産業にも取り組みエンジンも含めたオートバイを開発。BH の製造するオートバイは Vuelta a Espana にかかわるメディアにも供給された。1959 年エイバルから約 50km 離れたビトリアに、物流に欠かせない道 路と鉄道、より高い労働資源を求めて工場を移設。自転車事業を数十年掛けて成長させた。1969 年に BH は、家庭用フィ ットネスアパレルのラインを作成、その事業を拡大。最初の起動はフィットネス自転車だった。このフィットネスのラインは、後に 大成功を遂げた。重要な成長は、これらの製品の専門化と発展の必要性とともに専門的なラインは、1986 年にフィットネスビ ジネスエリアに特化した新工場の発足となった。この特化戦略は自転車の開発に完全に集中できるようになり、そしてこれら の年は Vuelta a Espana と Tour de France において重要な成功をもたらす事となる。1986 年 TEAM ZOR-BH のエース Alvaro Pino は 11 日間イエロージャージを着続け最後のタイムトライアルでも勝利し第 41 回 Vuelta a Espana で勝利を獲 得した。1987 年には同チームの Federico Etxabe が Tour de France の第 20 ステージ(ラルプ・デュエズがゴールの山岳 ステージ)において BH チームに Tour de France における初の勝利をもたらした。2004 年 BH は再びレース界へ復帰、 Liberty Seguros へのサポートを開始する。この頃のトッププロのレース界では最も技術的に先進の自転車が必要でり。BH は チームと共に開発に力を入れ、カーボンモノコック製のインテグレーテッドシートポストを採用したフレームを開発した。このフレ ームは驚くほどに軽く、剛性に優れたものだった。2008 年/2009 年にはフランスのプロ Tour チーム“AG2R La Mondiale”へ のサポートも開始。2009 年の Tour de France では 8 日間イエロージャージを着続けた。2009 年には BH バイクの歴史は 100 年を迎えた。
 
≪サポート TEAM≫
スペインのコンチネンタルTEAMである「BH Burgos2016」がG5を、スペインのシクロクロスチーム「Grupo Hirumet T aldea-Cyclo-cross」がRX-1を使用。スペインの「BH Suntour-MTB」がULTIMATEを、アメリカの「Primal/Mapmyrid e Professional Women’s」がClistal(レディースモデル)を使用中。
 
≪取り扱いアイテム≫
★ULTRALIGHT 【2012 年 NEW】
フレーム+フォーク重量が約 1,047g(フレーム/747g+フォーク/300g)と超軽量なフルカーボンバイク。BB386EVO 規格の BB を採用。アダプターにより SHIMANO、SRAM、CAMPAGNOLO の BB にも対応。極太のダウンチューブとチェーンステ ーを採用する事で、リアエンド剛性が G5 に比べ 25%UP し、ねじれ剛性は 66%UP。BB 下のワイヤーガイドはオリジナル製 (パテント取得しており G5 にも使用)の物を使用しシフトワイヤーにストレスがかからず、シフトチェンジがスムーズに行える。シ ートステーだけが細く造られており、他のパイプとのバランスをとるため、あえて細いシートステーと、27.2mmのシートポスト径 を採用。フロントフォークには下玉押しはなく、その部分までもがカーボン製。ヘッドチューブは剛性確保のためテーパードヘッ ドチューブになっている。
 
★G5
2009 年に発表されてから引き続き発売される人気モデル。ISP(インテグレーテッドシートポスト)が特徴的。細部にわたる部 品にまでカーボン製の物を採用した軽量ロードモデル。
 
★GC AERO
風洞実験など空気力学を応用し開発されたトライアスロン/TT バイク。カーボンモノコックフレーム採用により剛性を確保しつ つ重量を落とすことに成功。空気の流れを良くするための“NOSE HEAD TUBE DESIGN”と呼ばれるヘッドチューブの先端 が膨らんだデザインも特徴的。シートポストのサドル固定部分の変更によりシートアングルが 74°/76°/78°に変更できトライアス ロンからロードタイムトライアルまで使い方に応じて変更が可能。 ※その他、エントリー向け完成車なども取り扱い予定。各取り扱いモデルの詳細に関しては随時発表を行っていく。

-プレスリリース, 自転車ニュース

Copyright© 自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク] , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.