プレスリリース 新製品 自転車ニュース

ブリヂストンサイクル ERYと共同開発した電動アシスト自転車発売

投稿日:

ブリヂストンサイクル株式会社(社長:竹内 雄二)は、30代主婦に圧倒的な人気を誇る女性誌VERY(ヴェリィ)と共同開発した、子供乗せ電動アシスト自転車ハンサムバイク”HYDEE.B(ハイディビー)”を、全国の販売店を通じて、6月25日より発売する。標準現金販売価格は、139,800円。

独自の三人乗り自転車を展開しながらも「もっとおしゃれに子供を乗せたい」というニーズに応えられていないと感じていた同社開発チームと、「おしゃれと安全性を両立した子供乗せ電動アシスト自転車がほしい」という読者からの要望を叶えたいVERY編集チームが、2009年に開発をスタート。
安全性をスポイルせずにおしゃれさを追求するために、車体からチャイルドシートまでゼロからの開発を行った。
VERY編集チームや読者との幾多の打ち合わせの結果、たどり着いたコンセプトは「パパもママも乗れるハンサムバイク」となった。
ママが扱うことを前提とした安全設計に、パパも好むスポーティなクルーザースタイルを取り入れている。
 
女性が跨ぎやすいループ形状をスポーティーにデザインしたアルミタフフレーム、クッションが2パターン付属のヘッドガード付ハンサムチャイルドシート、子供の足を守る大型フットガード、ゆったりとした姿勢がとれるクルーザーハンドル、センタースリックのMTBタイヤを主な特徴とし、700~900回充電可能な6.0Ah長生きバッテリー、パワフルなアシスト性能、デジタルメーター付手元スイッチ、ギヤに合わせてきめ細やかにアシストするS.P.E.C.3と、11年最新のアシスト機能を備えた子供乗せ電動アシスト自転車。
 

-プレスリリース, 新製品, 自転車ニュース

Copyright© 自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク] , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.