サイクリングコース

荒川サイクリング(さいたま市~熊谷市)

投稿日:

コース紹介
さいたま市の荒川総合運動公園をスタートして、熊谷市内の熊谷市立健康スポーツセンターまでの片道約36km、往復72kmで約4時間のコースです。(私は休憩を入れて5.5時間かかっていますが健脚の方はもっと早いと思います)走った当日はさいたま市も猛暑日で途中水分不足となりました。ゴール地点まで水分補給できる場所がないので、多目の水分を持参されることをお勧めします。
なお、どちらの地点も駐車場はたくさんありますので、出発地点までクルマで移動も可能です。
途中、ホンダエアポートや、桜で有名な桜堤などを抜けて、川幅が日本一の地点を抜けていきます。
今回は、きちんとゴールを決めずに出発してしまいましたが、玉作水門のそばのスーパー堤防の上に、熊谷市の「健康スポーツセンター」という施設があり、急遽ここをゴールと設定しましたが、プール、ジムの他に、お風呂もありますので、汗を流すににちょうどいいかもしれません。そういう意味では逆コースもありかもしれません。特にこのコースは毎回、午後になると南風となりますので、今回の私のように南を出発地とすると復路は必ず向かい風となります。


GPS初装着です


左側が荒川公園です




大宮運動公園を抜けて田んぼの中を走ります


上江橋を途中で降りて、ここから左側に入間川を見ます(写真では左側が荒川で右が入間川)




この先右側にオフロードヴィレッジがあります


一面の稲穂です




この標識を右側に行きます


桜堤です(春は桜のトンネルとなります)




川幅日本一地点:実は行きには見過ごしていました。自転車専用道路はこの下にあります


日本一長い荒川水道管




荒川大芦橋(おおあしはし)


玉造水門




熊谷市立健康スポーツセンター


熊谷市立健康スポーツセンター




熊谷市立健康スポーツセンター




今回のコース

荒川サイクリング(さいたま市~熊谷市) at EveryTrail



** Written by ごんたくん **
大学時代は自転車系のサークルに入っていて、当時ランドナーと呼ばれた自転車に乗っては峠を越える(下る?)ことに生きがいを感じていました。しかし、卒業して20年以上も経過した今はメタボなお腹をいかに凹ますか苦労している毎日です。先日初めてGPS付きのサイクルコンピュータなるものを購入したので、さっそく自転車に自宅近くの出発地点から北を目指してゴールを決めずに37度の猛暑日に走ってきました。

-サイクリングコース

Copyright© 自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク] , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.