プレスリリース 自転車ニュース

世田谷区の「ソーラー駐輪場」が完成

投稿日:

三洋電機株式会社は、創エネ(太陽電池)・蓄エネ(二次電池)・省エネ(業務用機器等)技術を融合したシステム(スマートエナジーシステム、以下SES)として、東京都世田谷区に、太陽電池とリチウムイオン電池を組合わせた「ソーラー駐輪場」と、電動ハイブリッド自転車「エネループ バイク」100台を納入し、16日から利用可能となった。

このソーラー駐輪場は、駐輪場の屋根に取り付けた太陽電池で発電した電気を蓄電し、電動ハイブリッド自転車の電池に充電したり、駐輪場の照明を賄うもので、化石燃料を一切使わない、完全独立型のクリーンなシステムになる。
運営は、世田谷区が行い、京王線 桜上水駅と東急田園都市線 桜新町駅の駐輪場屋根それぞれに太陽電池を設置、全体で「エネループ バイク」100台分の充電と、駐輪場のLED照明の電力として使用される。利用単位は、日ぎめ(午前7時〜午後7時)で、料金は、1回300円。
(*他にカード作成時にデポジットとして3500円が必要)
 
詳しくはこちら(三洋電機ニュースリリース)

-プレスリリース, 自転車ニュース

Copyright© 自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク] , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.