自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク]

車載マウントのスペシャリストと呼ばれている、リヒター・オートコンフォートのマウントシステムを試してみた。
ロゴマーク等を排したシンプルなデザインが特徴で、各パーツをバラバラに購入して組み合わせて使うため、コストパフォーマンスが高く、操作性にも優れている。
今回試したのは、「iPhone 3Gジャケット」と、「バイシクル・マウント 6」の組み合わせだ。以前紹介した、「TUNEMOUNT Bicycle mount」とほぼ同等の構成と考えて良い。
「iPhone 3Gジャケット」は、iPhone3G専用のクレードル(ホルダー)で、落下防止のラバースポンジが付属している。iPhoneの装着方法や、むき出しになる点は、「TUNEMOUNT Bicycle mount」と同じだ。
ラバースポンジを付けると、iPhoneをしっかり固定できるので、簡単には落ちそうにない。それでも心配な場合は、同社のセキュア・バンド・アダプターで固定するという方法も考えられる。
「バイシクル・マウント 6」は、ホルダーの角度調節、回転が可能になった最新型の自転車用マウントで、自転車のハンドルに取付けて使用する。
ダイヤル操作で、ネック部分が360度回転し、30度まで傾けることができる。対応するハンドル径は、25mm~32mm程度で、滑り止め及び調節用として、ゴムプレートが2枚付属している。取付は、付属する6角レンチで2点を固定するため、若干面倒なのだが、「TUNEMOUNT Bicycle mount」の1点固定よりは、しっかり固定される感じがする。
全体的な印象は、「TUNEMOUNT Bicycle mount」よりは頑丈で、振動にも強そうなイメージだ。構造についても、長年車載機器やオートバイのマウンタを作っていた経験が生かされている感じがする。細かい部分では、ボルトとナットが必ず金属の組み合わせになっているため、プラスチックの摩耗で固定が緩むというような心配はない。
ドイツメーカーらしい、シンプルで機能的な製品と言える。

iPhone 3G ジャケット・グリップとバイシクル・マウント 6

バイシクル・マウント 6は、ダイヤル操作で角度調節ができる


iPhone 3Gジャケット

iPhone 3Gジャケット(右) とTUNEMOUNT Bicycle mount(左)。そっくりだ。


組み合わせた例

セキュア・バンド・アダプター



Share on Facebook


↑ページトップに戻る