自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク]
ゴール後の景色は最高^^/

それにしてもゴール後の景色は最高です^^/

昨年に引き続き、行って来ました、赤城山。
今年は天気がよくてよかったです。走るレポーターの「友重@びわ」です。
今一度、ヒルクライムレースのスペックを確認しておきましょう。

——-
平均勾配は6.4%、最大勾配は9.4%となり、全体的に勾配の変化は少ない。
距離20.8キロ、最大高低差1313メートル
——-

途中数メートルの平坦はあるものの、99.9%は登りです。
昨年初出場で間違えてエキスパートにエントリしてしまい、1時間半切り宣言し、なんと結果は1時間25分18秒(ネットタイム)。よくやりました。
今年はその1時間25分を目標に走る事になります。前回も目一杯だったので、今年も目一杯以上走らないとタイムの更新はあり得ません。

 

さて、レポートに参りましょう。

今年も赤城山にやってきました〜

今年も赤城山にやってきました〜

スタート地点は変更ありませんが、前日受付の場所がスタート地点と一緒になり、わかりやくなっています。そのかわり車検(自転車の検査)はありません。自分で事前にやりましょう。

 

当日は6時までに荷物を受け渡さないといけないので、5時半くらいには到着したいものです。
ただ、さすがにスタート地点でも朝は涼しい(気温は14度くらい)ので多少の準備は必要です。頂上はもっと朝は10度切っている事もありますし、昼間でも15度くらいです。

 

開会式が始まりました。前橋市長のあいさつ、高崎市長のあいさつなどがありました。

開会式。前橋市長のあいさつとスタートを待つ自転車たち

開会式。前橋市長のあいさつとスタートを待つ自転車たち

さあ、エキスパートクラスのスタートです

さあ、エキスパートクラスのスタートです

7時になりエキスパートクラスがスタートしました。僕は今回は一般クラスなので7:20スタート。さ、そろそろ準備してスタートします。

 

走行のビデオを撮影しているので、今回は走行中の写真は撮っていません。
その分走りに集中、集中。。。。

 

しかし、20キロ登り続けるというのは大変ですね。何度もヒルクライムをしながらも、そう思います。ここに3000人くらいが登っているんですよね。

 

ただ、2回目だとある程度、心の準備ができているので気持ちは楽です。
気持ちは楽ですが、走りは全然楽ではありません。むしろ、去年のタイムを気にしながら走っているのでしんどいです。

 

それでも途中想定よりも3分遅れ、5分遅れ。。あー、と思いながらもがんばってゴール。

1:27。。昨年の記録に及ばずw

1時間27分。。昨年の記録に及ばずw

去年よりも2分落ちの1時間27分。まあ、こんなもんでしょう。。

自転車を持ち上げるポーズ

ゴール後の荷物受け取り、「大沼」での喜びのポーズ

最後はこのポーズでお疲れさまでした。

赤城山HC2013の結果

赤城山HC2013の結果です。1時間27分12秒。

レース後、大抽選会があり、なんとそこで当たったものは来年5月に開催される「第2回榛名山ヒルクライムin高崎」の招待券です。

これはうれしいプレゼント。来年の榛名山ヒルクライムの招待券

これはうれしいプレゼントでした。来年の榛名山ヒルクライムの招待券^^/

また、来年、榛名山走ってきますね〜。これはヒルクライムの無限ループかも知れません^^/

 

10/3追記ーー☆

 

ゴール写真ができました。

赤城山のゴール直前!苦しそうだー^^;

赤城山のゴール直前!苦しそうだー^^;

そして、おまけ。。マンガオタク(いやアニオタか。。)のすぎぽん編集長が、偶然出会った、漫画家石渡治さんと2ショット。テンション上がり気味の編集長でしたぞ。

ecobike編集長すぎぽんが石渡治さん(漫画家)と2ショット!

ecobike編集長すぎぽんが石渡治さん(漫画家)と2ショット!

 

ビデオや編集長が撮影した写真はまた別途公開しますね。

 

 

Share on Facebook


↑ページトップに戻る