自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク]

価格:¥ 700
Kindle 価格:¥ 700
出版社: 芸文社
発売日: 2018/12/20
 


●PLAYBACK
交錯した光と影。2018年日本自転車競技回顧
成長(トラック競技)と停滞(ロードレース・MTB)明暗分けた 2018日本自転車競技
・河端、トラック世界選ケイリンで銀メダル
東京オリンピックの“金”(トラック競技)は、夢物語ではなくなった!
・JBCF・片山新体制が船出
“ブレークスルー”の新スローガン掲げ、新構想にチャレンジ
・明らかになった2020東京オリンピックのロードレースコース
獲得標高 5000mのサバイバル戦を制するのは誰だ!
・TOJの覇者はキナンのガルシア
新城は落車。雨澤は京都ステージで勝利
・全日本ロード男子エリートは山本が悲願の初優勝
女子エリートは與那嶺が圧勝
・全日本MTBクロカンは山本幸平が
DHは井本(男子)、吉川(女子)が連覇達成
・ジャパントラックカップI&IIで、脇本が連続優勝(男子ケイリン)
橋本・窪木の男子マディソンは銀メダル
・インカレは日大が総合優勝
貝原がトラック3冠、男子ロードは野本がV2
大型新人・中野は男子スプリントを制覇
・ロード世界選で日本勢惨敗 世界との実力差が浮き彫りに!
・Jプロツアー個人総合優勝は窪木
経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップはマンセボが優勝
・おおいたアーバンクラシックは若武者・石上が優勝 32ジャパンカップはロブ・パワー、
会心のスプリント勝負で勝利
クリテリウムはデゲンコルプが快勝ツール・ド・おきなわチャンピオンレースはマランゴーニが制覇
 
●SPECIAL INTERVIEW
尽きぬ自転車活用への想い。
自転車政策を強力牽引する豪腕幹事長が語った“まちづくり新構想”
衆議院議員・自由民主党幹事長自転車活用推進議員連盟会長 二階俊博
 
●風と語ろう——。
全国アマチュアサイクルチームガイド
 
●2018 Race Result Archive
 
●特報 第33回 ツール・ド・八ヶ岳 4月14日(日)開催
標高2127mの麦草峠へ駆け上がれ! 新設・電動アシスト自転車のカテゴリーも注目!!
 
●現地レポート ツール・ド・シンカラ2018
藤田俊輔、完走。最終日は逃げで勝負を挑む
京都産業大学チーム、アジアツアー最長のステージレース「ツール・ド・シンカラ」に挑戦
●2018-2019 UCI トラックワールドカップ第3戦
女子ケイリン・小林、銅メダル トラックW杯同種目のメダル獲得は日本人初
●JBCF CONFERENCE 2018 WINTER
2019シ−ズンのJプロツアー参戦チーム、レースカレンダー案を発表
 
●誌面再現レポート Vビジネス! 自転車利用・まちづくりを活性化させるスーパーセミナー&異業種交流
電動アシスト自転車のさらなる普及に期待して— 講師:疋田智(ジャーナリスト・自転車ツーキニスト)
 
●Close-Up
・BAFANG、猛チャージ! 高品質・高機能モーターユニットを強力プッシュ
・オートガード、アラーム&スマホ通知、GPS 追跡で自転車盗難を防止! Alter Lock
 
●チームウエア・オーダーウエア最前線
BIORACER/WAVE ONE/Champion System/
 
<連載・情報・読み物>
・男なら勝負しろ — 三浦恭資
・栗村修の自在フォーラム
・欧州自転車事情 — 佐藤晴男
・こちらドクターカー — 富和清訓
・コムワン・こむつう・コムスリー — 菊池津根徳
・七回転ひねり — ケニー・ヤマザキ
・大地の風 — 石塚裕也
・北陸路サイクリングコースガイド — 小林徹夫
・スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ 高村精一監督に聞く
・メカニック魂 — 國本勝弘
・V ビジネス! 自転車利用・まちづくりを活性化させるスーパーセミナー&異業種交流 11月12日開催
・レーススケジュール
・イベント通信 — びわ湖の素・米原グルメライド/第6回清水町ゆうすいクリテリウム大会2018/
ツール・ド・南みやざき2018
・サイクルショップ最新情報メカニック魂 — 國本勝弘じてんしゃコムRin

Share on Facebook


↑ページトップに戻る