自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク]

Kindle版 :¥ 600
雑誌 :¥ 890
出版社: エイ出版社
発売日: 2017/5/20


 
雑誌:特別付録
「サイクリングウォレット」
サイクリング時に便利なウォレット(サイフ)が今号の付録に! ターポリンという柔らかな素材を本体に使用。防水ではないが、汗や少々の雨から中身を守ってくれる。マットなカラーで質感も最高! ブラックの本体に蛍光オレンジのステッチ&縁取りを用いたクールな配色に、本誌ロゴとチェーンホイールのグラフィックを大胆にデザインしました。これが雑誌の付録!?と驚かれるクオリティが自慢。サイクリングのおともに大活躍すること間違いなし! ぜひ手に入れよう!
 
●第1特集
もっとラクに坂を上ろう!
超初心者向け ヒルクライム入門
これからヒルクライムレースにチャレンジしたい人、もっとラクに坂を上れるようになりたい人のための、待望のヒルクライム入門企画! 講師の田代恭崇さんが、初めての人にもわかりやすく解説します。難しい理論を学んだり、ハードなトレーニングを積むことなく、ちょっとしたコツや知識の習得で上り坂に強くなるためのノウハウがいっぱいです。上りのフォームは平地とどう違うの? セッティングは変えたほうがいいの? ハンドルはどこを持つ? ダンシングとシッティングはどう使い分ける? ラインどりはどうする? などなど、ヒルクライム初心者の疑問にバッチリ答えちゃいます! もちろんヒルクライムレースだけではなく、週末ライドやツーリングにも絶対に役立つ全サイクリスト大注目企画。絶対読まなきゃ!
 
日向涼子の「太魯閣ヒルクライム」チャレンジ
モデルでサイクリストの日向涼子さんが、世界でもっとも過酷な坂、「太魯閣ヒルクライム」に挑戦する。本誌ではその模様を準備段階からレポート。第1回めは軽量マシン製作記。現在の愛車もかなり軽いが、それをさらに軽くするために、軽量化の神、フォーチュンバイクの錦織店長が立ちあがった! なんと現状6.82kgのアンジー号が、5.58kgに! これはずごい!
 
●第2特集 本誌とJAXAがロードバイクのエアロダイナミクスに切り込む!
エアロフレームはほんとうにエアロか!?
いま、ロードバイクの世界はエアロがトレンド。空気抵抗を減らして、より早く走るための形状を取り入れるバイクが多くなってきている。フレームはいうに及ばず、ホイール、パーツ、ヘルメット、ウエアやシューズまで、エアロ効果をウリにしたアイテムは多い。しかしそれらは実際どれほどの効果があるのか。メーカーの謳い文句はほんとうなのか。これまで第3者が検証した例がほとんどないなか、今回はJAXA(日本宇宙開発機構)の協力を得て、バイシクルクラブが日本の自転車雑誌として初めて、風洞実験を行った! 今回は2号連続企画の第1回め。ノーマルバイク、エアロバイク、TTバイクを風洞に持ち込み、その違いを計測した! そこで明らかにされた驚愕の事実とは! 業界括目の問題企画がこれだ!
 
●第3特集
知ってるようで知らなかった!
[空気を入れる]の新事実
じつは簡単なようで難しい「タイヤに空気を入れる」作業。バルブやポンプのメカニズムを知ることで、思わぬトラブルを防いだり、正しい空気圧管理ができるようになる。ポンピング時の正しい姿勢は? 入れるときのバルブの位置は? バルブコアが折れたときはどうする? ポンプヘッドをバルブから外すときの正しい方法は? バルブエクステンションの正しい使い方は? そんな疑問に全回答! 役に立つ&読んで楽しい注目特集です!
 
●注目特集
これで絶対にできる!
「宅配&飛行機輪行」パッキングマニュアル
自転車を分解し、専用バッグに入れて電車に乗る「輪行」。最近では箱に入れて飛行機や宅配便で目的地まで送る方法もポピュラーになってきた。パッキングも電車の輪行とは異なり、より慎重な安全策が必要となる。また送り先での箱の管理など、「箱輪行」ならではの難しさもある。ここではその「箱輪行」に焦点を当て、ノウハウを伝授する!
 
●注目企画
カンパニョーロ・ディスクブレーキ速攻試乗! /プレミアムバイクインプレッション現地レポート
 
●注目連載!
日向涼子の「やっぱり坂が好き」 山梨県・夜叉神峠
ザ・モーメント「リエージュ~バストーニュ~リエージュ」
ハシケンの「ロードバイクエクスプローラー」フェルト・AR FRD
BCラボ「ミッドフットクリート」はあなたに合うか!?
自己ベスト! 「簡単にガラガラできるチェーンウォッシャー」
ロードバイク一人旅「和歌山・妻と娘の生まれ故郷を巡る」

Share on Facebook


↑ページトップに戻る