自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク]

パナソニック株式会社は、民生用アクションカメラとして世界初の4K30p撮影対応のウェアラブルカメラ「HX-A500」を6月12日より発売する。カメラ部と本体部が分かれている二体型スタイルで、前モデルA100では搭載されていなかった液晶モニター(1.5型、約11万ドット)を搭載し、見どころのシーンを自動で編集する「ムービースライドショー」により、編集の手間が省けるのが特徴。



 
付属のヘッドマウントは装着感を高め、長時間の撮影をより快適に楽しめるようになった。また、広い補正エリアの「ブレ補正」を採用しているので、激しいブレも補正できスマートフォンで、「傾き補正チェック」も可能。
JIS保護等級IPX8相当(3m/30分)の防水性能で、JIS保護等級IP5X相当の防塵設計。
長時間撮影したうち最後の約1時間の動画を記録する「ループ記録モード」や、撮影開始から約3秒後に記録を開始する「Delay REC」を搭載。
記録メディアはmicroSDHCカードまたはmicroSDカードで、アームバンドケース、ヘッドマウント(L、R)、ゴムバンド、USB接続ケーブルが付属する。
 

パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A500を発売関連情報

Share on Facebook


↑ページトップに戻る