自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク]

リレーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:長谷川 博章)は、2014年3月14日より京都大学で自転車シェアリングサービス「COGOO(コグー)」を実験導入する。京都大学では、京都大学では毎年数百台のペースで放置自転車が発生する問題を抱えていたため、学部生・大学院生・教職員を対象に無料で利用できる本サービスを導入することで放置自転車の削減を目指す。



 
利用者は、モバイル端末で取得した暗証番号を、コグマシーン(自転車荷台の機器)に入力することで自転車キーを取り出し、自転車に乗ることができる。
借りた自転車は、キャンパス内に複数箇所あるCOGOO駐輪場のどこでも返却可能。
「COGOO」の自転車を1台導入することにより、10台の放置自転車をなくすことができると試算している。
 
【COGOOについて】
〈COGOOサービス概要〉
「For your smart life」という想いから開発された、会員がモバイル端末を使って人を介さずに自転車をレンタルすることが出来るサービス。
 
〈COGOOの利用について〉
京都大学の学生・職員は、スマートフォン・フィーチャーフォンから簡単な登録手続きをするだけで、自転車を無料で利用できる。
 

リレーションズ 京都大学で自転車シェアリングサービスを実験導入関連情報

Share on Facebook


↑ページトップに戻る