自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク]

ヤマハ発動機株式会社は、トリプルセンサーシステムを搭載した、軽量コンパクトで扱いやすいタイヤサイズ20型の電動アシスト自転車「PAS コンパクト」「PAS CITY-C」「PAS CITY-X」の3機種を2013年5月2日より順次発売する。トリプルセンサー搭載モデルは今回の3機種を含め8機種となる。
 



 
PAS コンパクト:実用性に優れ、取り回しやすいシニア向けモデル
価格:106,000円(税込)
 
PAS CITY-C (パス シティ シー):乗り降りしやすくおしゃれなモデル
価格:106,000円(税込)
 
PAS CITY-X (パス シティ エックス):デザイン性とスポーティな走行性能を両立したモデル
価格:109,000円(税込)
  
《 2013年モデルの主な特長 》
1)トリプルセンサーシステム搭載
 ペダルを踏み込む力を感知する「トルクセンサー」と車速を感知する「スピードセンサー」からなる従来のダブルセンサーに、ペダリングの速度を感知する「クランク回転センサー」を加えたトリプルセンサーシステムを搭載。瞬時にかつ繊細に走行状況と乗り手の動きを把握し、パワフルさはそのままに、よりなめらかで快適なアシスト走行を実現している。
 
2)残りアシスト走行可能距離が表示できる3ファンクションメーター
 従来のバッテリー残量と車速のデジタル表示に加え、選択している走行モードごとにあと何kmアシスト走行できるかの目安を表示する機能も加えた新型メインスイッチを採用。ボタンレイアウトもより操作しやすくなり、夜間の視認性に優れるバックライトも装備。
 
3)6.6Ahから8.7Ahへバッテリー容量が従来比約1.3倍となり、走行距離が伸長
 
4)商品力を高めながら価格は据え置き
 
5)シニア向けモデルとして便利で実用的な装備を充実(PAS コンパクトのみ)
 

ヤマハ 電動アシスト自転車PASの小径モデル発売関連情報

Share on Facebook


↑ページトップに戻る