自転車を楽しむ情報サイト ecoBike[エコバイク]

パナソニック サイクルテック株式会社は、バッテリー容量を従来モデルより約10%アップし、さらなる長距離走行を実現した電動アシスト自転車「ビビ・DX」「ビビ・EX」「ビビスタイル・DX」「ビビ・DX・シティ」「ビビ・EX・シティ」の5モデルを12月3日より発売する。よりなめらかな乗り味を実現するWセンサーシステムや、消費カロリー表示機能を追加したエコナビ液晶スイッチなど、機能もアップしている。




 
バッテリー容量は、従来モデルの 8Ahから約10%容量アップした8.9Ahとなり、走行距離が最大約51km(ロングモード時)の走行が可能となっている。
また、トルクによりモーター回転数を制御していたトルクセンサーに加え、走行スピードを感知するホイールセンサーを新たに搭載。従来モデルに比べ、2 つのセンサーが働くことで1速や2速などの軽いギアで、中高速域のアシスト力が最適に調整され、スムーズでなめらかな走りを実現している。
さらに、走行状態から算出した消費カロリーを液晶スイッチに表示する機能を新たに加え、ダイエットのモチベーション維持が期待できる。
 
価格は、「ビビ・DX」が109,000円、「ビビ・EX」が135,000円、「ビビスタイル・DX」が112,000円、「ビビ・DX・シティ」が135,000円、「ビビ・EX・シティ」が111,000円(すべて税込)となっている。
 

パナソニック 機能アップした電動アシスト自転車発売関連情報

Share on Facebook


↑ページトップに戻る